IPOで一山あてるぞー

IPOとは未上場企業が新規に株を上場し、投資家に株を取得させることをいいます。特に公募価格が割安な場合が多く、更に初値が高くなる傾向があるため利益に繋がりやすく、投資家から常に注目を集めています。

株式購入、IPOの流れについて

IPOとは新規公開株のことをいい、未上場企業が市場からの資金調達や企業の知名度の向上を図るために新たに証券市場に上場させる場合のその株式や企業のことを指します。
証券市場に上場させることによって一般的な投資家が株式を証券市場で取引できるようになります。
IPOを通じて、証券市場から直接的に資金調達できますし、また上場させることによって企業の信用度が上がりますのでそれにより金融機関からも以前よりも借り入れをしやすくなるという意味で間接的に資金調達を容易にするというメリットがあります。

IPOの流れですが、まず証券市場への上場の基準を満たした企業が上場申請をして認可を得ます。
その後、新規上場する際の仮条件を決定します。
仮条件を基にして投資家にどれだけの需要があるのかを調べます。
投資家の側からみればブックビルディングに参加することとなります。
これは「この価格で何株購入したい」という意思表示を証券会社を通じて行います。
そしてブックビルディングに参加した投資家の需要を取りまとめて公募・売り出し条件を決定します。
申込株数が証券会社に割り当てられた株数を下回る場合は各投資家は申込株数を全て購入することができますが、上回る場合は抽選によって各投資家に購入可能株数が割り当てられます。
その後、投資家は購入申込期限日までに証券会社へ購入する意思表示をし、購入額を証券会社の口座に用意します。
その後、新規上場日に初値が決定します。
初値は、抽選に外れた投資家の買い注文と抽選に当たった投資家の売り注文との需給バランスによって決まります。
株式市場が好調な時や上場した企業の株式の人気が高い時は初日に初値が付かない場合もあります。
初値が付いた後は、通常の株式と同じように市場で取引が行われていきます。

■このサイトで株を勉強
ゼロからの初心者株式投資情報はこちら