IPOとは未上場企業が新規に株を上場し、投資家に株を取得させることをいいます。特に公募価格が割安な場合が多く、更に初値が高くなる傾向があるため利益に繋がりやすく、投資家から常に注目を集めています。

野村のIPO利益獲得、株式会社大冷と情報管理委員会

IPOに当選すれば儲けやすいと言われることが多い理由は、もともと儲けやすいように価格設定がなされているからです。IPOで取得するときの価格は、市場で取引されるであろう価格よりもディスカウントされているのが一般的です。まだ市場に公開していない知名度の低い会社が、一気に多くの株主を抱えるわけですから、株主に対してある程度は優遇することが必要だと考えられます。そのために、少し安い価格で売却をするのです。野村でIPOを利用するときにも、安い価格で買うことができ、初値で売ることで儲けられることもあります。

ただ、野村くらいの大手になると多くのIPOを手がけていますから、初値が公募価格を下回ることもあります。野村だからこのようなことがあるというわけではなくて、多く手がけている中にはそのようなものもあるということです。

株式会社大冷の場合、公募価格は1700円から1800円に設定されています。株式会社大冷の公募価格がこの範囲のどれくらいに落ち着くのかはわかりませんが、だいたいこの範囲になると考えられます。たとえば1750円で買った場合に、それよりも高くなれば利益が出ます。初値の予想は2000円を超えるだろうとも言われていますが、あくまでも予想に過ぎませんから、下回ることもあり得ます。

株式会社大冷のIPOに申し込みをしたという情報は適正に管理されています。たいていの会社では情報管理委員会などの組織が作られていて、顧客情報などを適正に管理しています。IPOを扱っている証券会社も情報管理委員会のような組織はありますし、株式会社大冷にも情報管理委員会のような組織はありますから、情報が突然老家居するリスクは非常に低いと考えられます。