IPOとは未上場企業が新規に株を上場し、投資家に株を取得させることをいいます。特に公募価格が割安な場合が多く、更に初値が高くなる傾向があるため利益に繋がりやすく、投資家から常に注目を集めています。

IPOは同単元で買って高値で信用売すれば回転も

有力IPOを公開価格で手に入れることができる幸運に見舞われた時に、次に悩んでしまうのはどこで売るかということです。
IPOは激しく値が動きやすいものですから、値が上がればよいのですが急落をしてしまった場合には一瞬にして損失あるいはせっかくの利益が解けてしまうということも珍しくありませんから、売り時というのが難しいものとなります。
そのため、大きな利益がでたのであれば初値で売ってしまうのが一番確実な方法となりますが、そうすると更に大きな値上がりを手にするチャンスも逃してしまうことになります。

そこで、そのような時には初値で当選した株を売ってしまい、それと同単元の株を買いなおすことで値段が上がった時に高値で信用売りをして、また値が下がったところで買い直しをして回転をすることができます。
IPOは上場したての頃というのは株価の乱高下が激しいものですから、上手にその流れに乗ることができれば大きな利益を出すことができます。
しかし、現物のみの取引の場合十分な資金がなければ差金決済により回転売買ができなくなってしまいますから、そこでまず現物を売ってしまって信用の建玉に切り替えます。
この場合、同単元でなくとも問題はありませんが乱高下の激しいものだけに、リスクを抑えるのであれば同単元に抑えておけば最小限のリスクで回転売買をすることができます。
この場合手数料の分だけ損をしてしまうことになりますが、いくらでも回転をさせることができるので納得の行く取引をすることができるので売り時で悩むことがなくなります。
もちろんリスクのあることですから、無理に回転売買に手を出すこともありませんが売り時で悩みそうなときには信用買いに切り替えて様子を見るというのもひとつの方法になります。