IPOとは未上場企業が新規に株を上場し、投資家に株を取得させることをいいます。特に公募価格が割安な場合が多く、更に初値が高くなる傾向があるため利益に繋がりやすく、投資家から常に注目を集めています。

IPO初値予想を参考にして銘柄を選んでみる

IPOはローリスクハイリターンの金融商品です。そのため、初心者の人でも十分に利益が出せることから人気が高くなっています。実践をするためには、いくつかのポイントがあるので、覚えておくといいです。知識を持っている方が、投資を行うときには有利に働くことがあります。まず、IPOとは企業が上場するときに資金を集める目的で株を発行するものです。上場をしていない企業の株を購入し
て、上場をしたタイミングで売却をします。

優良銘柄の場合には、上場する前と後で株価が大きく変動することも珍しくはありません。上場することによって、企業の知名度が格段とあがります。それをきっかけとして、業績が大きく上がるのです。そのため、株価は大きく変動します。株式投資を行っている人が企業の株を購入するときの価格や公募価格と呼びます。上場したあとの価格を初値とよびます。公募価格よりも初値のほうが大きい場合には、その差額が利益として出ます。

IPOを入手しようと考えている場合には、IPO初値予想を参考にするといいです。サイトによって、優良株のIPO初値予想を行っていることがおおいです。IPO初値予想を参考にして、利益が出そうだと考えたら注文を出しましょう。注文を出しても絶対に購入ができるわけではありません。

証券会社の抽選に当選することで、注文をする権利が与えられます。証券会社によって抽選のしやすさや抽選の方法は異なります。そのため、抽選確率が高い証券会社を選ぶのがポイントです。また、ひとつの銘柄でも複数の証券会社で扱われていることがあります。その場合には、複数の証券会社で注文を出すことで当選をする確率をあげることができると覚えておきましょう。