IPOとは未上場企業が新規に株を上場し、投資家に株を取得させることをいいます。特に公募価格が割安な場合が多く、更に初値が高くなる傾向があるため利益に繋がりやすく、投資家から常に注目を集めています。

IPO銘柄の売り出し方法

IPO銘柄が証券市場に上場される前に、必ず一般の投資家向けに売り出しが行われます。
証券取引所で上場が承認されると、ブックビルディングと呼ばれる、需要予測が行われてその結果により売り出しの価格が決定します。
そして、その後引き受け幹事証券会社から募集要項にそって募集が募られます。
募集した株数よりも応募の株数が多いときに抽選が行われ、当選者には株券が配布されることになります。
そのため、IPO銘柄を上場前に入手するためには、幹事証券に取引口座をもっている必要があります。
幹事証券会社が、発行会社から株券を引き受け販売されるためです。
そして、幹事証券会社が引き受ける株数はどこでも同じと言うわけではありません。
最も引き受け株数が多いのは通常、主幹事証券会社です。
どれだけの株数が幹事証券会社に配分されているかは公開されますから、申し込む際の参考にしてください。
当然ですが、人気のある銘柄がIPOされる場合は抽選倍率が高くなります。
そのような高倍率の売り出しで株券を手に入れるためには、出来るだけ多くの証券会社から申込みを行う以外、入手の方法はありません。
大型株の売り出しでは比較的容易に株券を入手できますが、人気の高い小型株ではそうもいきません。
また、上場条件に株主数が規定されているため、出来る限り多くの株主数を上場時に達成する必要があり、一人の株主に複数株が割り当てられることは殆どありません。
このような理由から、以前は国内営業体をもつ証券会社だけが引き受けのメインとなっていました。
どの証券会社が抽選に当たりやすいのかは、引き受けの株数がそれぞれの案件により変わるので申し込んでみなければ分らないというのが実情です。